image loading…

7回2失点の山口俊投手

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの18回戦。2-2で迎えた八回、巨人は2番手・澤村投手が糸井選手に特大の決勝ソロ本塁打を浴び、逆転負けで勝率5割復帰はなりませんでした。巨人は初回、無死三塁の好機で重信選手が中前適時打、その後二死三塁から阿部選手が右越え適時打を放ち、2点を先取。先発・山口俊投手は六回まで1失点と粘投を続けていましたが七回、ナバーロ選手に同点ソロ本塁打を浴び、この回で無念の降板となりました。打線は阿部選手が今季初の3安打猛打賞など、計12安打を放つも初回の2点以降、追加点を奪えず、2対3で敗れ3カードぶりの負け越しとなりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201808091index.html)から