image loading…

七回、マギー選手が走者一掃の3点二塁打

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの15回戦。巨人先発の畠投手は初回から阪神打線に攻められ、三回までに2失点と苦しい立ち上がり。一方の打線は阪神先発・青柳投手の前に四回まで無安打と沈黙。しかし六回、連続安打で一死一、三塁の好機に、阿部選手の犠飛で1点を返します。七回に1点を失ったものの、打線は直後に阪神投手陣を攻め立て、二死満塁からマギー選手が左中間3点打を放ち、4対3と逆転に成功しました。巨人は継投策で逃げ切りを図りましたが、最終回、カミネロ投手が福留選手の適時三塁打と犠飛で2点を奪われて逆転され、4対5で黒星を喫しました。

試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201708091index.html)から