image loading…

この日3安打と活躍した中井選手

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの3回戦。巨人先発の大竹投手は初回、先頭の神里選手に本塁打を浴びると、4番ロペス選手にも2点本塁打を許し、打者一巡の猛攻でいきなり5点を失います。しかし、巨人はその裏、4番マギー選手が3点本塁打を放ち2点差に詰め寄りました。その後、五回からリリーフの2番手・田原投手は2イニング連続三者凡退に抑えるなど、追加点を許しません。打線はチャンスにあと一本が出ず、2点差のまま迎えた八回、DeNAの足を絡めた攻撃で一死三塁とされると、乙坂選手の犠飛で差を広げられます。その裏、巨人は、二死から二塁打の長野選手を置き、中井選手がこの日3安打目となる右中間適時二塁打で4対6と再び2点差に迫りました。しかし、反撃もここまで。初回の失点が響き、連敗は6となりました。
 
 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201804121index.html)から