読売巨人軍は11日、臨時の紀律委員会を開催し、元選手による窃盗事件などを受けた再発防止策を協議しました。

 窃盗事件では金銭的な悩みが犯行動機になったとみられていることから、選手やスタッフが私生活全般について気軽に相談できる窓口を球団内に設置することを決めました。若手選手が抱える悩みを担当スカウトらが定期的な面談で聞き取り、解決をサポートする「メンター(助言者)」制度の導入も検討します。

 これまでも実施してきた選手対象の講習会は飲酒や社会人としての基本的な所作をテーマに加え、回数を増やしていきます。

 委員会に出席した老川祥一・取締役オーナー(読売新聞グループ本社取締役最高顧問・主筆代理)は「選手たちにはファンや子どもたちのあこがれの対象なんだという自覚と責任感をいま一度、持ってもらいたい」と対策の徹底を求めました。