image loading…

キャッチボールをする丸選手

image loading…

半そで姿でティー打撃

image loading…

丸選手「充実した施設で練習ができることはありがたい」

 丸佳浩選手が10日、ジャイアンツ球場で初めて自主トレを行いました。

 午前10時ごろから室内練習場で練習を開始した丸選手は、ウォーミングアップの後、尾中智哉ブルペン捕手を相手にキャッチボール。「久しぶりにボールを投げる」と話しましたが、尾中ブルペン捕手が驚くほどの力強いボールを投げていました。

 厳しい冷え込みにも負けず、ティー打撃では半そで姿になってバットを振り、その後はマシンを使ってスローボールを打ち込み、汗を流しました。

 およそ3時間の練習を終えた丸選手は、「まだ動き始めなので、もっと振り込んでいかなければいけない。キャンプを万全の体でやれるように準備して、全試合出場を達成したい」と抱負を語りました。