image loading…

新年早々に練習を行う高橋投手

image loading…

今季の目標を聞かれ「一」と書きました

image loading…

後輩たちと記念撮影

 ドラフト1位ルーキーの高橋優貴投手(八戸学院大)が2日、中学時代に所属していた茨城県の友部リトルシニアのグラウンドでの自主トレを、報道陣に公開しました。

 年に1度、毎年この時期に同グラウンドに訪れているという高橋投手は「野球選手としての土台を作ってくれた場所。監督と行っていた朝練を思い出しますね」とプロ野球選手となって戻ってきたこの日、思い出の地での練習を懐かしそうに振り返りました。9日からジャイアンツ球場で始まる新人合同自主トレに向けて「とにかく体力づくり。走ることと体幹トレーニングを中心に行っています」とプロで戦えるコンディション作りに集中しているようでした。 

 練習前には同リトルシニアの選手、関係者たちによる壮行会が行われ、チームOBで初のプロ野球選手となった高橋選手が「いろいろな方々の支えがあり、この場に立つことができました。後輩たちには感謝の気持ちを持ち続け、夢を追い続けてほしいです」とメッセージを送りました。その後、ランニングやキャッチボールを行い、プロとしての第一歩を踏み出しました。

 練習後に報道陣から、色紙に今シーズンの目標を漢字一文字で書くようリクエストされると、サインペンで何度もなぞりながら、太く大きく「一」と書きました。「1年目ですが、チームの勝利に貢献したい。新人王、日本一になれるように頑張ります」と強い決意を示しました。また、左投手の先発ローテーション争いについて問われると「結果を残すしかないと思っています。とにかくルーキーらしくがむしゃらに勝負していきます。ただ、尊敬できる先輩がたくさんいますので様々な事を学んでいきたいですし、野球人として人として成長していきたいと思っています」と話しました。

 最後には、友部リトルシニアの後輩たちと集合写真をとり、プロ野球選手としての1日を締めくくりました。