image loading…

image loading…

image loading…

 西日本を中心とした記録的豪雨の被災地を支援するため、読売巨人軍は8日、広島戦を開催した東京ドームで募金活動を実施しました。各入場ゲートに募金箱を設置し、球団マスコットの「ジャビット」や球団マスコットガールの「ヴィーナス」も来場者に協力を呼びかけました。活動は今後も継続し、集まった募金は巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環で被災地に寄付します。寄付の詳細については改めてお伝えします。
 
 ご協力いただいた来場者の皆さまに感謝申し上げるとともに、被災された皆様に対しては謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/ghands/)。