image loading…

三回、阿部選手が5試合連続打点となる犠飛を放つ

 東京ドームで行われた阪神タイガースとの3回戦。巨人先発のマイコラス投手は初回、福留選手に3点本塁打を浴びる苦しい立ち上がり。一方の打線は三回、阿部選手が5試合連続打点となる犠飛を放ち、1点を返します。しかし五回にマイコラス投手が押し出し四球を与え、再び点差を広げられてしまいます。七回以降は、リリーフ陣が奮投を見せ、4投手が無失点でつなぎ打線の反撃を待ちました。しかし打線が相手先発・メッセンジャー投手を打ちあぐね、1対4のまま試合終了。初回の3失点が響き、巨人の連勝は「4」でストップしました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201704211index.html)から