image loading…

初の対外試合で好投した鍬原拓也投手

 昨年のドラフト1位で入団した鍬原拓也投手が25日、神奈川県相模原市の青山学院大野球部グラウンドで行われた三軍のプロ・アマ交流戦の青学大戦で対外試合初登板を果たしました。先発として上がったマウンドで、2回を投げて無失点に抑えました。

 鍬原投手は、初回は2三振を奪うなど三者凡退、二回は1死から左前打を許し、2死二塁から四球を与えましたが、後続を中飛に抑えて無失点に抑えました。2イニング、25球を投げて、1安打、1四球、2三振の無失点。速球の最速は149キロでした。

 初登板について「やっと、という思いが強い」とした右腕。「真っすぐも変化球も、もっと精度を上げないといけないと思います」と課題を上げましたが、「空振りもとれましたし、まっすぐの精度としてはかなり上がってきていると思います」と手ごたえも口にしました。

 試合は四回に一死満塁の好機に田島洸成選手の二塁ゴロの間で挙げた得点を、鍬原、橋本篤郎、メルセデス、巽大介の4投手のリレーで守り切り、1対0で勝ちました。

巨 人 000 100 000 |1
青学大 000 000 000 |0

投手リレー
鍬原(2回)、橋本篤(2回)、メルセデス(4回)、巽(1回)―小山、広畑