image loading…

井上三軍監督があいさつ

image loading…

山下亜文投手も練習に参加

image loading…

與那原大剛投手も練習に参加

image loading…

木佐貫新ファームコーチも指導しました

image loading…

内田コーチの指導を受ける比嘉賢伸選手

 育成選手を対象とした合同練習が3日、ジャイアンツ球場で始まり、入団が決まった山下亜文投手も加わり投手9人、野手8人の計17人が参加しました。17日まで、午前9時半から同球場で行います。6、10、14日が休養日です。

 練習開始前のミーティングでは、新任の井上真二・三軍監督が「せっかくこの時間と場所を与えてもらったんだから、しっかり目的を持って有効に使えるよう、考えてやっていこう」と話しました。

 ウォーミングアップの後は外野で、130メートル間隔に置かれたコーン間のダッシュを10本実施。短い休憩だけ挟むトレーニングに、最後は倒れこむ選手がいるなど初日からハードな練習が行われました。また、この日は古城茂幸、木佐貫洋、杉内俊哉、堂上剛裕、藤村大介コーチら新コーチも参加。選手に積極的に声をかけながら指導していました。


 秋季キャンプにも参加していた笠井駿選手は「この時期にコーチに聞けたりできるのは本当にありがたいです。内田(順三)コーチや堂上コーチの指導などとても勉強になります。春のキャンプには、笠井よくなったなと思われるように取り組んでいきます」と力強く話しました。