image loading…

先制2点本塁打を含め4打点の阿部選手

 東京ドームで行われた東京ヤクルトスワローズとの6回戦。巨人は初回に阿部選手の2点本塁打で先制すると、先発・菅野投手はテンポの良い投球でヤクルト打線を中盤まで無失点に抑えます。打線は五回、中井選手の四球から好機を作ると、立岡選手、阿部選手の適時打で3点を追加し、5対0とリードを広げます。菅野投手は七回にバレンティン選手にソロ本塁打を許したものの、8回を1失点でリーグトップに並ぶ5勝目。4番・阿部選手が4打点を挙げるなど、投打の柱の活躍で連敗を2で止めました。


 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201705161index.html)から