image loading…

image loading…

森山行輝石巻野球協会会長に目録を手渡す石崎悦郎取締役事業本部長

image loading…

image loading…

 東日本大震災からの復興を祈念して宮城県石巻市の石巻市民球場で3日、巨人三軍対日本製紙石巻戦が行われました。

 巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環として、同市にティーボールのセット20個を贈呈。試合前に森山行輝石巻野球協会会長に目録が手渡されました。

 試合は、2点をリードして迎えた八回、2本の適時打で逆転を許し、2対3で巨人が敗れました。

 試合後にはグラウンドで、両チームの選手と監督が観客と一緒に記念撮影を行いました。

 その後、選手たちは、震災復興応援地域の特産品など取り揃える「いしのまき元気いちば」を訪れ、新鮮な魚介を使用した海鮮丼やあなご丼などを味わいました。

 日本製紙石巻硬式野球部出身の松崎啄也選手は「とてもおいしくて一気に食べてしまいました。僕がいた頃は、このあたりはまだ被害の影響が多く残っている状況でした。今回訪れて石巻の皆さんの活力を感じました。一日も早い復興を願っています」と語りました。
 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/ghands/)。