image loading…

7回5安打無失点の先発・吉川光投手

image loading…

本塁打を放ちナインに迎えられる村上選手

image loading…

2番手・内海投手は2回2失点

 二軍の春季教育リーグ最終戦となるヤクルト戦は、吉川光夫投手の7回無失点の好投などで3対2で勝ち、同リーグの成績は6勝1敗で終了しました。今月17日からイースタン・リーグ公式戦が開幕、巨人は午後1時からジャイアンツ球場で西武と対戦します。

 巨人は四回、亀井善行選手のタイムリー二塁打で先制すると、七回には新人の村上海斗選手がレフトポール際に特大の2ラン本塁打で2点を加えました。

 先発・吉川投手は再三、走者を出しても粘り強い投球で得点を許さず、7回5安打2四球3三振で無失点。2番手の内海哲也投手は、八回は三者凡退に抑えたものの、九回に内野安打2本を含む3安打1死球で2失点でした。

■2ラン本塁打のルーキー村上選手
 スライダーが甘く入ってきたので強振しました。飛距離は十分でしたが、ファウルになるかどうか分からなかったので、入ってよかったです。巨人軍に入団して、試合で初本塁打になりました。

ヤクルト 000 000 002 2
巨  人 000 100 20X 3

投手リレー
【巨人】吉川光(7回)、内海(2回)―宇佐見、高山
【ヤクルト】館山(5回)、久古(1回)、山本(1回)、松岡(1回)―古賀、松本
本塁打
【巨人】村上2ラン(7回・山本)