台湾での「2017アジアウインターベースボール」で、ジャイアンツ選手がメンバー入りしているNPBイースタン選抜は30日、日本社会人選抜(JABA)との試合を洲際球場で行い、1−11で敗れました。これで戦績は5試合で3勝2敗。

 先発マウンドに上がった坂本工宜投手は、5回を投げて5本の長打を含む9安打を許して、7失点。1四球、1死球もあった100球で、悔しい登板となりました。また、3番手として成瀬功亮投手が六回1死満塁の場面から登板し、連続タイムリーを浴びました。続く七回も続投し、2死から四球と安打を許しましたが、無失点で切り抜けました。

 野手で先発したのは、1番左翼で松原聖弥、5番捕手で田中貴也、6番三塁で柿澤貴裕の3選手。吉川尚輝選手も八回の遊撃の守備から出場しましたが、4選手とも無安打に終わりました。

社会人選抜(JABA) 011 504 000|11
イースタン  選  抜 010 000 000| 1

試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://winter.cpbl.com.tw/games/play_by_play.html?&game_type=16&game_id=14&game_date=2017-11-30&pbyear=2017) =外部サイト(中国語)=。