台湾での「2017アジアウインターベースボール」で、ジャイアンツ選手がメンバー入りしているNPBイースタン選抜は28日、米国・欧州混成チーム(WBSC)との試合を洲際球場で行い、10−5で勝利しました。これで戦績は3試合で2勝1敗。

 野手で先発したのは、1番右翼の松原聖弥、2番二塁の吉川尚輝、5番左翼の柿澤貴裕の3選手。松原選手は10点目をたたき出すタイムリーを含むマルチ安打をマーク。吉川選手はバントを初球で決めたほか、俊足を生かす内野安打も放ちました。柿澤選手も初回2死からの、チーム3連打目を放つなど1安打。また、田中貴也選手が八回から捕手で出場し、九回1死から回った打席では初球にバントを決めました。

 投手陣では、谷岡竜平投手が4リードの六回から2番手で登板。先頭打者に安打も許すも併殺打と三振で1回を無失点に抑えました。また、七回から成瀬功亮投手が登板。先頭打者を四球で歩かせ、2本の安打でピンチを背負いましたが、後続を断って1回無失点でした。

NPB  イースタン選抜  502 100 011|10
米国・欧州混成(WBSC) 301 000 010| 5

試合詳細はこちら(PC・スマートフォン http://winter.cpbl.com.tw/games/box.html?&game_type=16&game_id=10&game_date=2017-11-28&pbyear=2017) =外部サイト(中国語)=。