24日から台湾で開催される「2018アジアウインターベースボールリーグ」に、読売巨人軍から大江竜聖、橋本篤郎の2投手、岸田行倫捕手、北村拓己、湯浅大の2内野手、加藤脩平外野手の計6人が「NPBイースタン選抜」のメンバーとして参加します。

 イースタン選抜チームの監督には高田誠・二軍監督、コーチに片岡治大・ファーム内野守備走塁、松本哲也・ファーム外野守備走塁、会田有志・ファーム投手兼トレーニングの3コーチが選出されています。

 同リーグにはNPBイースタン、ウエスタン選抜のほか、日本の社会人野球選抜、台湾、韓国の計5チームが参加して12月中旬まで行われます。詳細はこちら(PC・スマートフォン http://npb.jp/winterleague/2018/)