image loading…

4連覇を決め、川相二軍監督を胴上げ

image loading…

スタンドのファンにあいさつをする川相二軍監督

image loading…

選手たちとハイタッチ

image loading…

9回、増田の犠飛で三塁走者の石川が本塁に突入、タッチをかいくぐって同点のホームイン

 マジック1としていた読売巨人軍の二軍は18日、神奈川県平塚市の「バッティングパレス相石スタジアムひらつか」でDeNAと対戦して3対3で引き分けました。巨人が残り試合を全敗し、2位のヤクルトが全勝しても勝率で巨人が上回るため、4年連続27回目のイースタン・リーグ優勝を決めました。来月6日に宮崎で開催されるファーム日本選手権でウエスタン・リーグの優勝チームと対戦し、2年ぶり9回目の日本一を目指します。

 イースタン・リーグでの4連覇は、1986〜1995年の巨人の10連覇に次ぐ連続優勝になります。現役時代に一時期つけていた背番号「6」にちなんで6回胴上げされた川相昌弘二軍監督は「この1年で選手が成長してくれたおかげ。選手たちはまだこの上があるので、一軍に行って力を発揮できるよう、努力してほしい」と優勝の喜びを述べました。

 今シーズン、川相氏が6年ぶりに監督に復帰した二軍は、当初は投打がかみ合わずに開幕後約1か月の4月13日には最下位となりました。しかし、キャンプからハードな反復練習を乗り越えてきた成果が徐々に表れ始め、6月1日から12連勝で今季初めて首位に立ちました。直後に3連敗で順位を下げましたが、同月24日に再び首位に立って以降は高い勝率を保って2位以下との差を広げていき、9月18日現在で69勝39敗4分けの勝率6割3分9厘、2位ヤクルトに9.5ゲーム差をつけています。

 部門別に見ても、17日現在でチーム防御率(3.05)、打率(2割8分4厘)、守備率(9割7分8厘)いずれもリーグトップ。犠打数132もトップです。個人成績でも、高田萌生投手が勝利数(10勝)、防御率(2.65)、勝率(8割3分3厘)でトップ。打撃では和田恋選手が本塁打(18)と打点(86)でトップ、打率(3割4厘)で3位、松原聖弥選手が打率(3割1分4厘)、盗塁(24)でトップになっています。

 二軍での成績だけではなく、今季育成選手から支配下登録された直後に一軍で活躍したアダメス、メルセデス、マルティネス各選手の「ドミニカトリオ」や今村信貴投手など、二軍で鍛錬を積んで一軍に昇格し、活躍した選手も多数輩出しました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/farm/farm_20180918.html)

 巨人が出場する日本選手権の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://npb.jp/farmchamp/2018/)。