imageloading...

ジャイアンツが多摩川グラウンドを使用していた35年前以上前の話だが
イースタン・リーグ公式戦を2試合残して打率トップに躍り出た後輩がいた
残り試合を欠場すれば
ライバルが全打席
ヒットを放っても首位打者は確定する
後輩は首位打者というタイトルが欲しかった
しかし監督は
円陣を組んでいる選手の中央に立って
「首位打者より今は打席に立つことが大切だ
 打率を下げないために
 試合に出ないという選択肢ではなく
 打率を落としても
 将来を考えれば多くの打席に立ったほうがいい
 首位打者を前にして
 プレッシャーの中で立つ打席は最高の経験だ
 その中で首位打者を獲得してみろ」と・・・
結果
後輩はプレッシャーに押し潰され
打率を落とし2位でシーズンを終えた