imageloading...

愛犬が手術をした
退院したが元気がない
散歩も大好きで毎朝1時間以上歩いていたが
術後は30分ほど歩くと自宅に帰るようになった
愛犬も10歳
愛犬との別れを意識するようになった
生と死は裏表
生きていくことは死に向かっていくことなのかもしれない
やっぱり
分かっていても別れは辛い
後輩が
今日が最後かもしれないという思いで毎回マウンドに立っていたというが
明日の事は本当に誰にもわからない
知人のコンサートのトークの中で
「会いたいと思う人がいたら
 先延ばしにしないで会うこと」と聞いたことがあるが
また
今度がある保証はない
愛犬の死
できるならば迎えたくないが間違いなく近づいている
後悔のないよう
愛犬との
一日一日を今まで以上に大切にしていきたい