imageloading...

今では
プロ野球選手の中でも
スター選手として多くのファンから認知されているが
高校時代は
苦難の連続だった後輩がいる
後で後悔することになるが
全国レベルの選手が揃う甲子園常連校に進学してしまった
練習試合で打たれれば
監督から「いいというまで走っとけ!」
ボールもさわらせてもらえず
数日間
朝6時から夜の10時近くまで黙々と外野を走り続けた
ボールを探すふりをして
川の水を飲んだこともある
一度も公式戦登板はない
後輩はその後
プロの世界で大活躍する
昔は
「俺がいいというまで走っとけ!」という罰則はよくあった
走らせているのを忘れて帰ってしまった監督もいるが・・・
やはり
活躍している選手はみんな苦労している
苦しまずして栄光はないということか・・・