東日本大震災の発生から2018年3月11日で7年となり、各地で追悼式典が開かれた。
 震災による死者・行方不明者は震災関連死も含めて2万2000人を超え、今なお避難している人は約7万3000人に上る。地震が起きた午後2時46分、日本列島は犠牲者を悼む鎮魂の祈りに包まれ、人々は復興への決意を新たにした。