吉田沙保里選手が引退

引退会見・動画

 レスリング女子でアテネ、北京、ロンドンと五輪3連覇を果たして国民栄誉賞も受賞した吉田沙保里選手(36)(至学館大職)が10日、東京都内で記者会見を開き、「レスリングを全てやり尽くしたという思いが強い」と引退を決断した理由を説明した=メディア局ストリーム班撮影 2019年1月10日撮影

写真特集

 レスリング女子でオリンピック3連覇を果たし、国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里選手(36)が8日、現役引退を発表しました。吉田選手は自身のツイッターで「この度、33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」とつづりました。高速タックルを武器に数々の記録を打ち立て、「霊長類最強女子」の異名を持つ吉田選手が、33年の現役生活に終止符を打ちます。活躍を写真で振り返りました。(肩書や年齢は当時)

特集一覧に戻る