image loading…

仮契約を結び、長谷川国利スカウト部長(左端)、柏田貴史スカウト(右端)とポーズを取る堀田投手

image loading…

柏田スカウトよりかなり長い指にびっくり

image loading…

「いずれは日本を代表する投手に」

image loading…

報道陣が用意したリンゴを持ってニッコリ

 読売巨人軍は13日、先月のドラフト会議で1位指名した青森山田高の堀田賢慎投手(18)と仮契約を結びました。背番号は「32」に決まりました。堀田投手は「日本を代表するようなピッチャーになれるよう頑張ります」と抱負を述べました。

 青森市内のホテルでの仮契約後に記者会見した堀田投手は「やっとプロ野球選手として過ごしていくんだなという実感がわいてきました。歴史ある読売ジャイアンツでプレーが出来るのはうれしいです」と笑顔を見せ、「真っすぐ、変化球すべての面でレベルアップし、まずは一軍に上がれるよう頑張ります。そして(一軍で活躍し)いずれは10番代の背番号をつけられるようなピッチャーになりたいです」と意気込みました。

 同席した長谷川国利スカウト部長は「体が大きいが、柔軟性、しなやかさを持っていて、まだまだ潜在能力がある。今日、指が非常に長いのにびっくりした。フォークボールなどもすぐに習得できるのでは。いずれは一軍のローテーションに入って、2桁勝利を続けられるようなピッチャーに」と期待を寄せました。

堀田賢慎 (ほった・けんしん) 投手 右投右打
2001年5月21日生まれ、18歳
身長185センチ、体重80キロ
青森山田高(青森)