image loading…

九回二死の土壇場で同点ソロ本塁打を放った陽選手

 マツダスタジアムで行われた広島東洋カープとの18回戦。巨人先発は2年連続となる二桁勝利を目指す菅野投手が登板。しかし、二回に連打で危機を招くと、大瀬良投手にスクイズを決められ先制を許す苦しい立ち上がり。六回には丸選手に左越えソロを浴び、点差を広げられました。一方、打線は七回途中まで無安打と相手先発の大瀬良投手を捉えられませんが、八回に代打・大城選手の適時二塁打で1点を返すと、九回二死に陽選手が相手守護神の中崎投手から起死回生の右越え同点ソロを放ち、2対2で延長戦へと突入する。打線は毎回走者を出すも、相手救援陣を攻めきれず。勝ち越し点を奪うことはできず、2対2のままゲームセット、引き分けに終わりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/G/result/201808111index.html)から