image loading…

8回2安打1失点で今季初勝利の桜井投手

 東京ドームで行われた横浜DeNAベイスターズとの3回戦。序盤は投手戦となりました。巨人は四回、炭谷選手が右中間を破る2点適時二塁打を放ち先制します。先発の桜井投手は五回、宮崎選手にソロ本塁打を浴びたものの、ボールを低めに制球よく集めて、強力DeNA打線を8回被安打2、1失点に抑える快投を見せました。桜井投手の好投に応えたい打線は八回、中島選手、パーラ選手、炭谷選手の3連続適時打で3点を奪い試合を決めました。桜井投手の好投と炭谷選手の2本の適時打を含む猛打賞の活躍が光り、首位攻防戦となった3連戦を勝ち越しました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/202007021index.html)から