image loading…

ソロ本塁打を含む4安打と大活躍の岡本選手

 神宮球場で行われた東京ヤクルトスワローズとの2回戦。巨人は2点を追う六回、4番岡本選手のソロ本塁打で1点差に迫ると、パーラ選手が右翼席に逆転の2点本塁打を放ち、試合をひっくり返しました。しかし、その裏に救援陣が捕まり、山田哲選手に満塁本塁打を浴びるなど一挙7失点で再逆転を許しました。巨人は岡本選手が本塁打を含む4安打を放つなど計13安打を打ちましたが、六回の大量失点が響きヤクルトに連勝とはなりませんでした。

試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/202006271index.html)から