image loading…

「1人では取れない賞」と喜ぶ2人

image loading…

ちょっとおどけて喜びを表した山口投手

image loading…

2度目の受賞の小林選手

 セ・パ両リーグの優れたバッテリーに贈られる「2019プロ野球最優秀バッテリー賞」の表彰式が9日、東京都内のホテルで開催され、セ・リーグ受賞者の山口俊投手と小林誠司捕手が出席しました。

 山口俊投手は初受賞、小林誠司選手は2年ぶり2回目の受賞です。表彰式では2人にそれぞれ、表彰盾や賞金、乾電池320日分とカーバッテリーなどが贈られました。

 2人のコメントは以下の通りです。

山口俊投手
 最優秀バッテリー賞は1番うれしい賞です。(小林)誠司とは6月ぐらいから「狙っていこう」と話していました。1人では取れない賞なので本当にありがたいです。
 試合前に打ち合わせなどは特にしません。気持ちが通じ合っていますから。来年は夢である大リーグに挑戦しますが、ジャイアンツのことを応援しながら頑張りたいと思います。

小林誠司選手
 (山口)俊さんと取れてうれしいです。バッテリーを組ませてもらう中で、1パターンにならず長いイニングを見据えた配球ができるようになりました。
 来年は日本一、全試合出場を目指して頑張っていきたいです。