image loading…

三回、中越え三塁打を放った大城選手

 東京ドームで行われた広島東洋カープとの2回戦。巨人先発のメルセデス投手は初回と二回に連続で2点本塁打を許すなど、3回5安打4失点でノックアウトされてしまいます。リリーフ陣は五回に古川投手が本塁打を浴び、開幕以来続いていた無失点が途切れましたが、その後は要所をしっかりと抑え、追加点を許さない見事な継投を見せました。一方の打線は三回、今季初スタメンの大城選手の三塁打から相手の失策が絡んで1点を奪いましたが、その後は広島投手陣の前に打線が沈黙。リリーフ陣が踏ん張りを見せた巨人でしたが、先発メルセデス投手の誤算に加え、打線が機能せず1対5で敗戦。今季初の黒星を喫し、開幕からの連勝が4で止まりました。

 試合の詳細はこちら(PC・スマートフォン https://www.giants.jp/G/result/202006241index.html)から