image loading…

MVPを獲得した坂本選手

image loading…

パ・リーグMVPの西武・森選手と握手

image loading…

最優秀監督賞の原監督と功労賞の阿部選手

image loading…

イースタン最高出塁率者賞の北村選手

 プロ野球の年間表彰式「NPB AWARDS 2019 supported by リポビタンD」が26日、都内のホテルで行われました。セ・リーグ最優秀選手賞に、坂本勇人選手が選出されたことが発表されました。坂本選手は初受賞です。またセ・リーグ最優秀監督賞に、リーグ優勝を果たした原辰徳監督、功労賞に、引退を表明した阿部慎之助選手が選ばれました。

 また読売巨人軍からは、山口俊投手が、勝率第一位投手賞、最多勝利投手賞、最多三振奪取投手賞、ベストナイン賞(投手)の4部門で、丸佳浩選手がベストナイン(外野手)、坂本選手がMVPのほかにベストナイン(遊撃手)を受賞しました。

 先に行われたイースタン・リーグの表彰式では、山下航汰選手が、首位打者賞、優秀選手賞、スポーツニッポン選定新人賞、報知新聞社選定殊勲賞、ベースボールマガジン社選定ビッグホープ賞を受賞、北村拓己選手が最高出塁率者賞を受賞しました。

 各球団職員を表彰する日本野球機構球団功労賞には、巨人軍からは野球振興部アカデミー事務局ジャイアンツアカデミー校長の倉俣徹が表彰されました。

 受賞した選手が壇上で語った喜びの声は以下の通りです。

■坂本選手
 「チームが優勝し、この賞を受賞できたことに感謝いたします。キャプテンとして初めてのリーグ優勝できた事が何よりうれしく思っています。ただ、日本シリーズでは大変悔しい思いをしました。来年は日本一を獲れるようにチームに貢献したいと思います。本日はありがとうございました」

■阿部選手
 「このような素晴らしい賞をいただきましてありがとうございました。本当に功労したのかわからない19年間でしたが、来季より二軍監督として野球人生の再スタートを切ります。育てていただいたプロ野球界とジャイアンツに何とか恩返しできるように精一杯指導してまいりたいと思います」

■原監督
 「初めてもらったような感動があります。今年1年は固定観念を持たず、少々落ち着きがない状況で、選手には無理をさせたと思います。来年は阿部慎之助という強い味方ができ、一軍では元木(大介)ヘッドコーチという中で、少々落ち着いた状況で来季を向かえると思います。セ・リーグは最近ではパ・リーグに「なぜ負けるのか」「弱く」ということがないよう、来季は頑張ってまいります」

■山口投手
 「一生懸命投げた結果、僕自身の成績もよかったですが、何よりチームが優勝できて本当にうれしかった。本当にいいシーズンでした」

■丸選手
 「移籍一年目で優勝することができましたし、毎日が新鮮で良い経験をさせていただきました。勇人さんと同じでとても悔しい思いをしたので、来年は日本一に貢献できるように頑張ります」

■山下選手(ビデオメッセージ)
 「今シーズンこのような成績を残せたのは監督、コーチ、裏方の方々のおかげです。イースタン・リーグでは首位打者を取ることができましたが、ゆくゆくは一軍の舞台でも首位打者を獲得できるようにがんばります」

■北村選手
 「一軍に何度か上がらせていただきましたが、結果を残すことができませんでした。一軍で結果を残して、来年はリーグ優勝・日本一に貢献できるようにがんばります」