image loading…

石川選手と記念撮影

image loading…

打撃練習見学中にOBのクロマティさんと交流

image loading…

グラウンドキーパー体験をする子どもたち

 16日に東京ドームで行われた阪神戦で、「文京区スペシャルイベント」が開催され、抽選で選ばれた200人が打撃練習見学や抽選会などのイベントを楽しみました。

 このイベントは東京ドームがある文京区と巨人軍が2006年、野球を中心としたスポーツの発展と青少年の健全育成のための相互協定を結んだことをきっかけに、毎年、同区在住・在勤の人や、区内の学校に家族が在学中の人を対象に行われてきました。

 抽選で選ばれたファンは、スタンド席や三塁側ベンチ前で打撃練習を見学したり、選手の直筆サイングッズなどが当たる「大抽選会」に参加したりしました。

 「大抽選会」で選手との写真撮影に当選した10組の家族は、石川慎吾選手と記念撮影を行いました。家族4人で参加した男性(35歳)は、「とてもホットな体験だったので興奮しています。近くで見た石川選手はさらにイケメンでした」と笑顔で話していました。

 打撃練習見学ツアーでは巨人軍OBのウォーレン・クロマティさんが子どもたちに近づき「みんな元気? 僕のこと知ってる?」と日本語で話しかける場面もあり、全員に握手をするなど子どもたちも大喜びでした。

 また、キッズスタッフ体験に当選した子どもたちは、ヴィーナスと一緒に踊ったり、グラウンド整備を手伝ったりと、プロ野球を支えるスタッフの仕事を楽しんでいました。