image loading…

鹿の洋服をアピール

image loading…

豪快なスイングに児童もびっくり

image loading…

みんなで記念写真

image loading…

 読売巨人軍の社会貢献活動「G hands」の一環として、岡本和真選手が26日、母校の五條市立北宇智小学校を訪問しました。

 岡本選手は胸に奈良の象徴「鹿」がプリントされた洋服で母校へ「登校」しました。校庭を眺めて、「懐かしいなあ。グラウンドが狭く感じますね。ここにホームランを打ちこんでいましたね」と在学当時の思い出を語りました。

 全校児童が集った交流会では、岡本選手が体育館後方からユニホーム姿で登場し、大きな拍手で迎えられました。児童とのキャッチボールや写真撮影などで交流し、質問タイムでは岡本選手の答えの一言、一言に児童は大喜び。4年生の女子児童からの「どんな選手になりたいですか?」という質問には、「日本で一番すごいバッターになりたいです」と決意を述べました。

 後半の5、6年生との交流ではバッティングを披露しました。豪快なスイングから放たれた打球に児童は驚きの表情で歓声を上げました。岡本選手のノックを受けた6年生の男子児童はお「体が大きかった。ノックを打ってもらえてうれしい。上手に捕れて良かった」と目を輝かせていました。
 選手、球団職員、そしてファンの皆様が手を取り合って、より良い社会を目指すG hands プロジェクト。今後も様々な活動を展開していきます。活動内容はこちら(PC・スマートフォン http://www.giants.jp/ghands/)。